忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

合言葉はくそくらえ

何かを噛んでいる間は考え事がはかどる。
たとえば、もやしの豆の部分だとか。

アカデミー賞の監督賞にノミネートされずに作品賞を受賞した『アルゴ』、見てきました。
二時間近く、ずっとはらはらしていたのは久しぶり!
無事に外務官が脱出できるか、傍観者なりに不安で仕方がありませんでした。

たぶん、外務官の人にとっては、いつもよりちょっと激しい暴動ぐらいにしか思ってなかったのね。
「普段通り」があっという間に非日常に変わってしまうのだから、いつ何が起こるかわかりませんな。

スタッフロールで実際の写真と本編のカットが比較されるんだけど、瓜二つに似せてたの。
そこまでする必要あるのかってくらい似てて。
劇中で起こったデモだとか反米運動だとかその報復とか、まさにその当時あったことなのだと思うと、ため息が出てしまう。
暴徒化したイランのひとたちが大使館の中に入っていくシーン、人間というよりか蟻とかアメーバとか集団生物のように見えた。

おじいちゃんたちがすごくいいです。
特殊メイクの大御所と映画プロデューサーとメンデスの上司がすごくいいキャラしてるの。
プロデューサーはね、賞なんて取り飽きててペーパーウエイト代わりにトロフィーとか使っちゃうの。
メンデスの上司は、メンデスが作戦決行した後に奔走して、その姿がすっごくかっこいい。

メンデスさんはひたすら酒のんでた気がした。というか、酒とつながりがあるように書かれてるのかな。
それだけで彼がどっかうまくいってないんだなーってのがわかる。
絵コンテにもあるように、結局彼は息子とつながりたかったのかなーとか。

ちょこちょこ当時の映画小ネタが含まれてて、わかんない私は乗れなくてぐぬぬって取り残された感じを味わってたんだけど、アルゴの読み合わせ会のキャラクター、他SF作品からいっぱい引用してるよね。
とりあえず『フラッシュ・ゴードン』のミン皇帝(だっけ?)ぐらいしかわからなかったので誰か答え合わせしてくれるのを待ってます。

わたしは初めてあんなに蠍座が混んでるのを見ました。
札幌駅10周年だったから、なおのことかもしれないけど、アルゴ上映中は当分あんな感じなのかな。
アカデミー賞の主な受賞作品は、パイ以外見に行ったよ!いえい

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

プロフィール

HN:
とよたせりか
性別:
女性

バーコード

ブログ内検索