忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

けっきょく映画のはなしになったよ

おひさしぶりです。
ちょっと目を放したすきに、葉桜の季節になってしまいました。
ついこの間までは梅や桜が咲くのを楽しみにしてしたのに、月日というのはあっという間に過ぎていきます。更には、そのときに感じたことをセピア色に染めてしまって、思い出そうとしてもなんだかどうでもいいことのように思えてしまうのです。

要約:原稿書いてから更新しようともそもそしていたら、書きたかったネタの鮮度が落ちてしまいました。

とはいえ、まだ原稿の手直しが残っている身、そうおしゃべりもしていられません。
(おそろしいことに今月は学校の発表が三回もある!)

しかたないから最近見た映画の話でもと、最後に見た映画を思い出してみたのですけれど、『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロ大戦』なのですよね…。
どんな話かっちゅうと、日曜朝7時半からわるものを複数でフルボッコする歴代のスーパー戦隊のみなさまと、その30分後朝8時に沸いてくるわるものや同じ変身能力を持った仮面ライダーと戦ったり悩んだりする歴代仮面ライダーのみなさまが、双方のあくの軍団と手を組み互いを潰しあうというものです。
正義のみかた同士がいつもは敵対している相手と協力して、正義のみかた同士で戦うんですよ。お互いの存続をかけて。

とうとう東映やっちまったね!って感じがします。
正義の味方同士の潰し合いですよ。
35周年記念のしめくくりでメタ的なゴーカイジャーを、平成ライダー10周年のお遊びでディケイドを行ったところで、すでに戦隊ものというジャンルは飽和していると思うんです。
過去のシリーズの世界をつなげる、いわゆるクロスオーバー的展開を公式がやることは、そのジャンルの限界を自ずから示しているのではないかと。
そして今回の正義の味方同士の潰しあい。
もう、子供の夢ぶちこわしかどうかは知りませんが、昭和ライダーがぱっと出のゴーカイレッドにやられたシーンで私の胸はえぐられまくりました。
ディケイドでも、なじみのあるライダーがばっさばっさやられていくのを見るのはもっのすごく辛かったのですけれど、こういう過去の否定って、子供よりもちょっと物心ついた時に見るほうが堪えるんじゃないかしら…。

まあまあそれはおいといて、正義の味方同士の潰しあいというのは、それは作中でお互いの演技だとネタばらしを行ったにしろ、なにか禁じ手を用いた感が否めません。
いまどきの小さい子はそんなことでショックなんて受けないよと言われればそれまでですが、信じていたものが悪へ裏返る、絶対的だった正義の味方が互いの信念の為に存在を消し合う。
特撮ヒーローの主人公って、小さい子がはじめて出会う絶対的な価値観だと思うんです。
(シリーズの最初から善悪二項対立な簡単な構図じゃないというお叱りは重々承知です)
ライダーはスーパー戦隊を消さなくては自身が消えてしまうというし、スーパー戦隊はライダーが見方を消したから消さなくてはならないと言う。
じゃあどちらを正しいと思えばいいの?って疑問が生じるのは必然で、それを担うキャラクターが双方からちゃんと出てきます。
事態は、視聴者の心情を代弁するキャラクターの行動によって解決する…のではなく、双方の首謀各のふたりが「わるものをだます演技でした」とバラして収束。
見ているこちらは、なんだかなー最初からおまえらの手の内かよとついつい思ってしまったのですが、じゃあ脚本の意図していることはなんなのだろうかと。
お祭りさわぎで二大ヒーローを対決させたわけではあるまい(商業的にはそうかもしれませんが)、じゃあ何だと考えれば、先に言ったジャンルの限界性、自らをパロディ化するしか方法がなくなってきたんじゃないかなあと思ったわけです。
それとは別に、子供たちに価値観のぶれを示したかったのかなあ…?とは思いましたが、それにしても視聴者の肩代わりをしたキャラクターが、紛争に効果的な行動を示していないのはどうかと…。
ジャンルの限界性は、絶賛放送中の「非公認戦隊アキバレンジャー」で、これ以上にたっぷりと示されています。
現在、平成ライダーは第二期に差し掛かり、スーパー戦隊はライダースタッフを大量に取り入れることにより、マンネリ化を打破しようとしています。
『スーパー大戦』や「アキバレンジャー」を見ていると、特撮ものの明日はあるのかと心配になるのですが、そんな一視聴者の懸念など杞憂に終わることでしょう。
なんだかんだ文句を言いながら、朝7時半のオープニングを見ているのですから。



拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

プロフィール

HN:
とよたせりか
性別:
女性

バーコード

ブログ内検索